混合ダブルスで準優勝だった渡辺(奥)、東野組=インドネシア・バリ(AP=共同)

 バドミントンのワールドツアー・ファイナル最終日は5日、インドネシアのバリで各種目の決勝が行われ、ダブルスの男子で世界ランキング6位の保木卓朗、小林優吾組が同1位のマルクスフェルナルディ・ギデオン、ケビンサンジャヤ・スカムルヨ組を2―1で破り、この種目で日本勢初優勝を果たした。

 混合で東京五輪銅メダルの渡辺勇大、東野有紗組はデチャポン・プアバラヌクロ、サプシリー・タエラッタナチャイ組(タイ)に、女子で初出場の志田千陽、松山奈未組は同五輪銅メダルの金昭映、孔熙容組(韓国)にともに0―2で敗れて準優勝だった。(共同)

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加