男子12位でゴールする伊万里の6区・住祐希=佐賀市のスポーツパーク川副多目的広場北道路

女子5位でゴールする伊万里の5区・内野彩愛=佐賀市のスポーツパーク川副多目的広場北道路

 第41回男子・第33回女子九州中学校駅伝競走大会は4日、佐賀市川副町のスポーツパーク川副を発着点に佐賀空港周辺を通るコースで開かれ、男女各18チームが競った。男女各4校が出場した佐賀県勢は、女子(5区間12キロ)の伊万里が42分33秒で5位、東原庠舎中央校が42分44秒で7位に入った。男子(6区間20キロ)は、開催県枠で出場した伊万里の12位が最高だった。

 県大会を制した女子の伊万里は3区(2キロ)の津山結衣が区間3位と好走。他の選手も区間1桁順位のタイムでまとめた。東原庠舎中央校も4区(2キロ)で区間3位の土橋彩乃らが、終始上位でレースを進めた。開催県枠で出場した啓成は13位、会場地枠で出場の大和は18位だった。

 男子の伊万里は、1区(4キロ)で17位と出遅れたが、徐々に順位を上げた。県大会2位の啓成は13位、同優勝の唐津東は14位、会場地枠で出場の城南は18位だった。男子は曽根、女子は浅川の福岡勢が頂点に立った。

 男子の唐津東と女子の伊万里は19日、滋賀県で開かれる全国大会に出場する。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加