藍綬褒章を受章した牟田昭道さん=佐賀市の佐賀県警本部

松下徹県警本部長(左)から章記を受け取る牟田昭道さん=佐賀市の佐賀県警本部

 35年にわたって青少年の健全育成活動などに尽力してきた元佐賀県少年補導員連絡協議会副会長の牟田昭道さん(71)=神埼市=が藍綬褒章を受章した。

 牟田さんは神埼町職員だった1986年、少年補導員の世代交代を図っていた佐賀県警から委嘱を受けた。街頭補導活動などに尽力し、20年に定年を迎えた後も相談役として後進の育成に力を入れている。

 佐賀市の県警本部で開かれた伝達式では、松下徹本部長から褒章と章記を受け取った牟田さんは「最初は私にできるのだろうかと思っていたが、自分に合った奉仕活動だった」と振り返った。母校の西郷小近くにある踏切周辺で児童の下校を見守る活動を続けており「子どもたちの成長のために頑張りたい」と抱負を述べた。

 藍綬褒章は公共の利益に貢献した人に贈られ、県内では21年秋の褒章で9人が選ばれた。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加