バーナーの操作を体験する親子=佐賀市の嘉瀬川河川敷

 熱気球大会「SAGAバルーンチャレンジシリーズ」(熱気球大会佐賀運営委員会・佐賀市主催、佐賀新聞社など協賛)の第1戦は4日、強風のため競技が中止になった。第2戦は5日、第3戦は来年1月8日に佐賀市の嘉瀬川河川敷で、新型コロナ対策のため無観客で開催する。

 協賛企業向けの搭乗体験も中止となったことから、バーナーを操作する体験会を行った。親子連れら23組がバスケットに乗り込み、バーナーのレバーを操作した。「ゴーッ」という音とともに勢いよく炎が出ると歓声を上げた。鹿児島県から訪れた窪田悠人君(8)は「火が強くて温かかった。次はバルーンに乗って空を飛んでみたい」と話した。(北島郁男)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加