小野剛代表取締役副社長(左)から目録を受け取った坂井英隆市長=佐賀市役所

 鉄鋼製品、建築土木資材販売「小野建」(本社・北九州市、小野建社長)は1日、企業版ふるさと納税で1千万円を佐賀市に寄付した。市のまち・ひと・しごと創生推進事業「子どもにやさしい子育て応援プロジェクト」に活用される。

 小野剛代表取締役副社長は弘学館中高卒で「学生時代にお世話になったし、子育て政策に力を入れる(1年後輩の)市長を応援しようと思った。私も負けられないと佐賀への進出を決めた」と説明した。佐賀市駅前中央に佐賀営業所を同日に開設しており、従業員6人中3人を地元から雇用したという。

 目録を受け取った坂井英隆市長は「力強いご支援。保育士の確保、子育ての悩み解決などに有効活用していきたい」と感謝状を手渡した。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加