航空会社が国内線で使う燃料の量に応じて支払う航空機燃料税について、政府、与党が1キロリットル当たり9千円に軽減している現在の税率を、1万3千円に引き上げ軽減幅を縮小する方向で最終調整に入ったことが4日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加