サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ公式戦今季最終戦となる第38節の4日、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで3位のヴィッセル神戸と対戦し、0―2で敗れた。通算成績は16勝11分け11敗(勝ち点59)となり、今季を7位で終えた。

 前半は一進一退の攻防を続け、0―0で折り返したが、後半26分、神戸のFW大迫に先制点を許し、ロスタイムにも1点を奪われた。

 今季限りで現役を引退する鳥栖のMF高橋義希は、後半37分から途中出場した。

このエントリーをはてなブックマークに追加