新型コロナウイルス感染症の対策本部会議で、オミクロン株に関する対応などを説明した山口祥義知事(中央)=3日午後、佐賀県庁

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対応を巡り、佐賀県は3日、検査態勢を強化すると発表した。新型コロナへの感染が確認された場合、従来型のデルタ株のスクリーニング検査をすることで新たな変異株をえり分け、詳しく解析してオミクロン株かどうかを調べる。オミクロン株の濃厚接触者は2週間、宿泊療養施設に入所してもらい、健康状態を確認する対応も取る。

 県の対策本部会議で新たな態勢を説明した。県健康増進課によると、PCR検査で陽性とされた人の検体を県衛生薬業センターでスクリーニング検査をする。デルタ株ではなかった場合、ゲノム解析をしてオミクロン株かどうかを調べる。

 濃厚接触者はこれまで自宅待機などの対応を取ってきたが、オミクロン株の場合は宿泊療養施設で経過を観察する。感染した疑いがある人や感染者は医療機関に入院してもらう。

 山口祥義知事は「積極的な検査で、早期の探知に努める」と強調した。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加