鹿島市納富分の明倫小学校(中村和彦校長)の児童たちが、二酸化炭素の削減やワクチン提供の手助けとなるペットボトルキャップの回収を続けている。2014年度から始めた取り組みで今回の寄贈が3回目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加