記者団の取材に応じる岸田首相=3日午前、首相官邸

 国土交通省は3日、新型コロナウイルス「オミクロン株」拡大でいったん停止した、日本に到着する国際線の新規予約受け付けを一部の国外航空会社が再開したと明らかにした。他の航空会社とも再開に向けた調整を進める。岸田文雄首相は官邸で記者団に「日ごとに空き状況を考慮して、きめ細かく対応する。こうしたことを国民に説明し、冷静に対応していただくようにお願いしたい」と呼び掛けた。

 12月の予約は多くの日で既に上限近くまで埋まっており、希望者全員が帰国便を予約できるか不透明な情勢。一方で全世界から外国人の新規入国を禁止しており、首相は「キャンセルも当然想定される」と語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加