佐賀県警は2日、第49回衆院選(10月19日公示、31日投開票)の選挙違反取締本部を解散したと発表した。10月15日の本部設置前を含め17件を警告し、前回2017年選挙と同数だった。

 解散は11月30日付。警告の内訳は、公示前に顔写真や名前が入ったのぼりを出すなどした文書掲示が12件(前回比1件減)、選挙運動用のビラを配るなどの文書頒布が5件(3件増)だった。(小部亮介)

このエントリーをはてなブックマークに追加