山梨県で震度5弱を観測した地震について記者会見する気象庁の担当者=3日午前、気象庁

 3日午前6時37分ごろ、山梨県で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は同県東部の富士五湖で、震源の深さは約19キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4・8と推定される。関東から甲信越、東海、伊豆諸島の広い範囲においても震度4~1の地震があった。

 気象庁は同日、緊急記者会見を行い「揺れの強かった地域では、地震発生後から約1週間は、最大震度5弱程度の地震に注意が必要」と呼び掛けた。

 気象庁によると、同じ震源地では、3日午前2時18分ごろに震度4の地震が発生。さらに午前2時23分ごろにも震度3の地震があった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加