多くの人の助けを借りて、自宅の一角を手作業で改装した店内。「まずはこの小さな店舗から、初心に返った気持ちで頑張ります」と話す店主の岡本麻由美さん

「パスタランチ」1200円。サラダ、バゲット、シャーベット、コーヒー付き。写真は「サーモンと明太子(めんたいこ)のクリーム」

 3年前に火災で店舗が焼失して以降休業していた伊万里市のイタリア料理店「amaze」が、前店舗近くにある自宅の一角を改装して移転オープンしました。以前と変わらぬパスタの味を求めて、連日多くの人でにぎわっています。

 火災による休業以降、少しずつ店を再開する準備を進めていた店主の岡本麻由美さん。しかし、コロナ禍の影響もあり再開のタイミングが難しかったといいます。もともとはテイクアウト専門店としてのオープンを予定していましたが、「やっぱり出来たての料理を食べてもらいたい」という思いから、急きょイートインできるスタイルにかじを切りました。

 現在は夕方までの営業で、メニューはパスタとピザのみ。「パスタランチ」はカルボナーラやボロネーゼ、和風など、前店舗から引き継いだメニューを中心に6種類を提供しています。農家から直接仕入れた新鮮な野菜など、食材はできるだけ地元産を使用。今後は旬の魚介や野菜を取り入れた季節限定のパスタも登場する予定です。

 「以前の常連客からの問い合わせも多く、みなさん『おめでとう』と喜んでくれます」と笑顔で話す岡本さん。パスタの名店の再開は、多くのファンにとってうれしいニュースとなったようです。(久保禎一)

 

DATA

[住]伊万里市大川町大川野2204-1

[電]090(8667)3233

[営]11時半~16時※ランチがなくなり次第閉店

[休]土・日曜、祝日

[駐]あり

[IG]amaze.nouenitalian

このエントリーをはてなブックマークに追加