【北京共同】中国外務省は2日、11月に開かれた中国とアフリカ53カ国による「中国アフリカ協力フォーラム」閣僚級会議で採択された文書を公表した。国際問題や新型コロナウイルスへの対応で連携することを確認。アフリカが来年の北京冬季五輪を支持し、「スポーツの政治問題化に反対する」とも明記した。

 文書は国際機関の選挙で互いを支持することや、アフリカによる中国と台湾の統一支持などが盛り込まれ、米国と対立する中国の立場に沿った内容となっている。巨大経済圏構想「一帯一路」、貿易、公衆衛生、デジタル経済、人民元建ての決済などの分野で協力する方針も示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加