【ワシントン、モスクワ共同】ブリンケン米国務長官とロシアのラブロフ外相は2日、スウェーデンのストックホルムで会談し、ロシア軍がウクライナ国境に部隊を展開している問題で応酬を繰り広げた。ブリンケン氏はロシアがウクライナに侵攻すれば「深刻な結果をもたらす」と警告し、部隊撤収を求めた。