【北京共同】中国の元副首相に性的関係を強要されたと告白したテニス選手彭帥さんの問題を巡り、女子テニス協会(WTA)が中国での大会開催見合わせを決めたことを受け、中国外務省は2日、「スポーツの政治問題化に断固反対する」と反発した。

このエントリーをはてなブックマークに追加