鳥栖-鹿島 試合後、古巣・鹿島の選手から水を掛けられて歓迎される鳥栖DF小泉慶(左から3人目)=茨城県の県立カシマサッカースタジアム

 アウェー鹿島戦(11月27日)の試合後、鳥栖サポーターにあいさつを終えたDF小泉慶は反対側のスタンドへ一直線に向かった。今夏まで2年間在籍した鹿島のサポーターに深く一礼。温かい拍手に包まれる中、引き揚げる小泉に元チームメートが次々に駆け寄ってきた。

 手に持ったペットボトルで水を振り掛けて、手荒く歓迎。日が傾いたスタジアムはかなり寒く感じたが、この愛情表現が許される関係性なのだろう。輪の中心で照れくさくも、こみ上げるものがあったように見え、小泉の人柄を物語っていた。

(写真と文・米倉義房)

このエントリーをはてなブックマークに追加