新型コロナの「オミクロン株」拡大を受けた対応について、記者団の取材に応じる岸田首相=2日午前、首相官邸

 政府は2日、新型コロナウイルスの「オミクロン株」拡大を受けた水際対策について、一律で国際線の新規予約停止を要請した対応を撤回したと明らかにした。松野博一官房長官が記者会見で、一転して「一律の停止要請を取りやめ、帰国需要に十分配慮するよう、国土交通省が航空会社に改めて通知した」と述べた。

 岸田文雄首相は官邸で記者団に「一部の方に混乱を招いた」と陳謝。国交省に1日に対応を指示したとも明らかにした。

 新規予約停止によって海外にいる日本人が年内に帰国できなくなる影響の大きさを考慮したとみられる。国交省で対応を検討している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加