アニメ「鎮西八郎為朝」の一場面

 三養基郡上峰町は、昨年12月にショートムービーを公開して人気を集めたアニメ「鎮西八郎為朝」の本編動画を2日午前5時から、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開する。ショートムービーでは、為朝の生涯をダイジェストでまとめており、視聴者から本編制作の希望が多く寄せられていた。担当者は「さらなる上峰町のPRになれば」と期待している。

 新作となる本編は全13話を配信予定。1話あたり約5分の動画で、前作で描かれた為朝の生涯や為朝と関わった人たちの様子などをより詳しく描く。主題歌は前作に引き続き、ロックバンド「ユニコーン」が書き下ろした「TIME-TO-MORE」を使用した。

 前作ではキャラクターのせりふは一切なかったが、本編では声優を起用。主役の為朝は、映画「アナと雪の女王」のオラフ役などで知られる声優武内駿輔さんが担当した。同町を拠点に活動する声優東久仁彦さんも敵役として出演する。毎回挿入されるナレーションは佐賀県出身の女優松雪泰子さんが務めた。

 第1話は、保元の乱で敗れた為朝が流された伊豆大島が舞台。為朝が島民を守るため、船で島を取り囲む敵の軍勢に向けて得意の矢を放ちながら、それまでの人生を回想するプロローグ的な内容となっている。第2話以降に本格的な物語が始まるという。

 同町のユーチューブ公式チャンネルで視聴できる。第2話の配信は来年5月で、以後は毎月1話ずつ配信する予定。問い合わせは同町まち・ひと・しごと創生室、電話0952(52)2182。(瀬戸健太郎)

 アニメ「鎮西八郎為朝」はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加