松野博一官房長官は1日の記者会見で、新型コロナウイルスの「オミクロン株」拡大を受けた水際対策の強化措置として、南アフリカなど10カ国からは在留資格を持つ外国人らの再入国も原則拒否すると発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加