ピアニストの辻井伸行さん(c)Yuji Hori

 佐賀新聞社は、国際的ピアニストの辻井伸行さんと若手実力派バイオリニストの三浦文彰さん、読売日本交響楽団の「究極の協奏曲コンサート」(佐賀新聞社、佐賀市文化振興財団、サンライズプロモーション東京主催)を来年3月27日15時から佐賀市文化会館大ホールで開く。佐賀新聞読者を対象にした先行予約は1日まで。応募多数の場合は抽選する。

 辻井さんは2009年に日本人として初優勝を飾ったヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールでも披露したラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を演奏する。辻井さんが同館で演奏するのは約4年半ぶり。三浦さんはチャイコフスキーの「バイオリン協奏曲」でソリストを務める。読売日本交響楽団をイギリスのニール・トムソンさんが指揮する。

 

■開催日時 2022年3月27日(日)15時開演

■会場 佐賀市文化会館大ホール

■料金 SS席1万5000円、S席1万2000円、A席1万円、B席8000円、C席5000円(全席指定、税込み)※未就学児のご入場はお断りいたします

▽専用予約フォーム 右のQRコードから

▽メール jigyou@saga-s.co.jp

※メールに必要事項(氏名、住所、電話番号、席種、枚数)を明記してください

■一般発売 12月4日(土)10時から

 問い合わせは佐賀新聞プランニング、電話0952(28)2151。

 先行予約申し込みはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加