【きょうの催し】
 ◆はじめてのプラネタリウム(武雄市武雄町の県立宇宙科学館)
 ◆宝塚歌劇宙組全国ツアー(佐賀市日の出の佐賀市文化会館)

【巡回車】(2日)
 ◆胃がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)
 ◆子宮がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽9時=鹿島市保健センター
 ◆乳がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、多久市保健センター▽9時=鹿島市保健センター(乳がん検診は先着55人まで)
 ◆大腸がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、多久市保健センター
 ◆肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)、多久市保健センター▽8時45分=太良町・検診車による巡回検診▽13時=太良町・検診車による巡回検診
 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【イベント】
 ◆定例観望会「エチオピアの神話巡り」
 (3・4日、佐賀市西与賀町の佐賀市星空学習館)毎週金・土曜に開催している観望会で、望遠鏡を使って季節の星を観る。今回はエチオピアの神話に関連する星を観察する。参加無料。19時半からと20時半からの2部制で、各回45分、定員10人ずつ。事前申し込み必要。予約や問い合わせは同館、電話0952(25)6320。
 ※新型コロナウイルスの感染拡大状況により中止の可能性あり。

 ◆オール佐賀県内周遊キャンペーン日帰りバスツアー
 (11・12・15・18・19日のいずれも9時50分、小城市のゆめぷらっと小城集合)砂糖文化を広めた小城市や佐賀市の「シュガーロード」ゆかりの伝統菓子店や、日本遺産の構成文化財に選ばれた「牛津宿」(旧長崎街道)などを観光ボランティアガイドの案内で巡る。参加費は昼食(和定食)、2000円分の地域限定クーポン付きで各日5800円。定員22人(最少催行10人)。小城市観光協会、フリーダイヤル(0210)727423(平日9時~17時)。

【講演会】
 ◆国際協力に関する講演会
 (4日14~16時、佐賀市白山の佐賀商工ビル7階会議室)カンボジアに小学校を建設するなどの国際協力活動で知られる総合診療医、葉田甲太氏の講演会を開催する。演題は「新型コロナ時代に、出来る国際協力~赤ちゃんを救う遠隔医療技術支援~」。葉田氏の経験談や今年から取り組んでいる遠隔新生児蘇生法普及事業について紹介する。参加無料。定員50人。事前申し込み制。問い合わせはJICAデスク佐賀、電話0952(25)7921。

【告知板】
 ◆佐賀県精神保健福祉連合会福祉大会
 (4日10~12時半、佐賀市天神のアバンセ大ホール)佐賀県精神保健福祉連合会が開催する。障害者バンドVivimos(ビビモス)の演奏や、「精神障害者の働くを考える!」というテーマで精神保健福祉センターの所長や「ワーカーズさが」の支援員、当事者ら4人がパネルディスカッションを行う。参加費無料。定員150人。事前申し込み制。参加申し込みや問い合わせは同会の松田さん、電話090(8357)7963。

 ◆SAGA伐木チャンピオンシップ2021
 (5日9~16時、佐賀市嘉瀬町の嘉瀬川河川敷)日本伐木チャンピオンシップ(JLC)公認の競技会を開催する。競技エリアでは伐倒競技や枝払い競技を見ることができる。イベントエリアでは木工体験や丸太運動会に参加できるほか、キャンピングカーなどのアウトドア用品の展示会も開く。入場無料。問い合わせは佐賀県林業課、電話0952(25)7133。

 ◆佐賀県ウォーキング協会 12月例会
 (5日8時50分、佐賀市富士町の佐賀大和温泉病院前集合)東脊振の豊かな里山を眺めて楽しむ。初冬の風物「干し柿」の産地、松梅地区から300年の伝統を守り続ける名尾手すき和紙工房を訪ねる。富士大和温泉病院まで戻ってくる13キロコースと、松梅小学校天満宮を出発する7キロコース。13キロコースは弁当持参。雨天決行、事前申し込み不要。マスクを着用する。一般参加は300円(中学生以下100円)。事務局の安達さん、電話090(5948)6004。

このエントリーをはてなブックマークに追加