金蘭会高から加入する吉武美佳(提供:SAGA久光スプリングス株式会社)

鹿屋体育大から加入する中島咲愛(提供:SAGA久光スプリングス株式会社)

就実高から加入する深澤めぐみ(提供:SAGA久光スプリングス株式会社)

 バレーボール女子・Vリーグ1部の久光スプリングス(鳥栖市)は11月30日、鹿屋体育大(鹿児島)の中島咲愛(22)、就実高(岡山)の深澤めぐみ(18)、金蘭会高(大阪)の吉武美佳(18)が来季から加入すると発表した。ポジションはいずれもアウトサイドヒッター。

 中島は宮崎県出身、174センチ。安定感のある守備が持ち味で、攻撃センスにも優れる。昨年の全日本大学選手権の優勝に貢献し、レシーブ賞を受賞した。背番号は21。

 深澤は神奈川県出身の176センチ。最高到達点302センチから繰り出す攻撃力を生かし、今年の全日本バレーボール高校選手権(春高バレー)で優勝。最優秀選手(MVP)にも輝いた。背番号は22。

 吉武は福岡県出身、182センチ。高さとパワーを生かしたプレーが特長で、世代を代表する選手としてU15、U17、U18の日本代表に選出された。背番号は23。

 3人はクラブを通し「明るくさわやかな笑顔とプレーでチームに貢献したい」(中島)、「新人として勢いのあるプレーでチームに貢献する」(深澤)、「バレーボールの楽しさを知ってもらえるように頑張る」(吉武)とそれぞれコメントした。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加