桃田賢斗

 世界バドミントン連盟(BWF)は30日付最新世界ランキングを発表し、男子シングルスで桃田賢斗(NTT東日本)が3年以上、121週維持した1位から陥落して2位に下がった。前週のインドネシア・オープンを制した東京五輪金メダリストのビクトル・アクセルセン(デンマーク)が入れ替わりで1位に返り咲いた。

 桃田は2018年9月27日付で日本男子初の世界1位に就いた。19年に史上最多の国際大会年間11勝。昨年1月にマレーシアで交通事故に巻き込まれて大けがを負った。コロナ禍もあり国際舞台復帰は今年3月の全英オープンで、金メダルが期待された東京五輪は1次リーグで敗退した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加