江里山「たなだ部」の皆さん

 日本の棚田百選などで知られる小城市の「江里山の棚田」。中高生でつくる江里山「たなだ部」は棚田推進協議会の方々の指導を受けながら休耕田を活用して落花生やサツマイモなどの栽培を行っている。

 自然いっぱいの里山で作業した後に食べる弁当はとてもおいしく、話も弾む。時間をかけて作物を育てることや地域の人たちとの交流の中で学ぶことは多い。毎年多くの観光客が訪れる江里山の棚田には、地域の人たちの努力がある。

(地域リポーター・半田幸子=小城市)

 

 岩永 愛花(あいか)さん(17)

 笑顔が満ちあふれる棚田をつくるため、私たちだからこそできることに精いっぱい取り組みたい。

 元村 優風(ゆうか)さん(17)

 自分たちの活動を支えてくれる方々との出会いを大切に、これからも江里山地区の活性化に努めたい。

 犬塚 心海(ここみ)さん(17)

 棚田部は江里山の棚田の活性化を行っている。今後も日本の宝である棚田を守り抜いていきたい。

 江頭 和奏(わかな)さん(17)

 夏の棚田での除草作業が大変だった。農業の大変さを知り、農家の方々に感謝するようになった。 

 江里口 愛梨(あいり)さん(17)

 活動で楽しさや充実感を味わっている。貴重な体験で、江里山地区の役に立っていることがうれしい。

このエントリーをはてなブックマークに追加