検疫の係員らから必要書類や滞在地などの確認を受ける海外からの到着客。政府は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が日本で初めて確認されたと発表した=30日午後、成田空港

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 11月29日、国際線で成田空港に到着した人たち

 政府は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が日本で初めて確認されたと発表した。感染が分かったのは28日に成田空港に到着したアフリカ南部ナミビアの30代の男性外交官。オミクロン株は、感染力が増したり、ワクチンが効きにくくなったりしている可能性が指摘されている。

 厚生労働省によると、男性は入国時は無症状だったが、29日に発熱した。入国時の検査で陽性と判定され、ウイルスのゲノム(全遺伝情報)を解析した結果、オミクロン株と判明した。男性は医療機関で隔離中。7月にモデルナ製ワクチンの2回目接種を受けていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加