佐賀番傘川柳会(横尾信雄代表)が句集『むつごろ』の722号を発刊した。前月号近詠鑑賞は小林信二郎さん(山梨県)が選句した。

 近詠鑑賞は寿美枝さんの「旧姓の印鑑がまだ手放せず」、克郎さんの「目印のレモンが一つ置いてある」などが選ばれた。

 西村正紘さんは随筆で、神埼市にあった母の実家の思い出を語る。横尾さんは有島武郎の「一房の葡萄」を紹介した。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加