詩の結社「扉の会」(上原和恵代表)が、詩誌『扉』27号を発刊した。会員14人とゲストの詩やエッセーを掲載している。

 第59回佐賀県文学賞の詩部門で一席に輝いた岡本なお美さんは詩「待ち合わせ」を掲載した。宮城ま咲さん、満月詩子さん、宮﨑幸子さんらも詩を寄せた。桜川涼子さんの「はつこい」は、同窓会で初恋の人と再会するときめきを描く。

 特別寄稿として俳誌『風のサロン』代表の田口風子さんが「不自由な文体」と題して自作の俳句を紹介した。15人が「こわい話」をテーマに書いた短文も集めた。

 B5変形判、47ページ。550円。佐賀市のTSUTAYA積文館書店佐大通り店、紀伊國屋書店佐賀店、金華堂書店で販売している。問い合わせは大月さん、電話0952(47)3276。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加