来年3月にオンライン方式で開く「さが桜マラソン2022」(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会・佐賀県・佐賀市・神埼市主催、ミサワホーム佐賀特別協賛)の申し込みの締め切りが30日に迫った。大会事務局は「記録更新や無理のないペースでの完走とそれぞれの目標に応じて達成感を味わえる。熱い走りを通してランナーがつながり、佐賀から全国に元気を発信したい」と参加を呼び掛ける。

 大会は来年3月17日から30日までの2週間。衛星利用測位システム(GPS)のスマートフォンアプリを使い、期間内に42・195キロを走りきる「距離達成チャレンジ」(定員3500人)と、一度に走破する「タイムアタック」(同500人)の2部門を行う。

 参加希望者は、参加料1万~1万5千円の「プレミアムコース」と、同3千円の「レギュラーコース」のいずれかを選び、大会サイトから申し込む。

 参加賞を選ぶことができ、プレミアムコースのさがん酒飲み比べセットは既に定員に到達し、佐賀牛セットにも人気が集まっている。問い合わせは事務局、電話0952(27)0728。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加