【ロンドン共同】英政府は29日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種について、2回目との間隔を6カ月以上から3カ月以上に短縮すると発表した。接種対象は40歳以上から18歳以上に拡大する。既に対象となっている免疫不全者で3回目を接種済みの場合は、4回目の追加接種を促した。

 新たな変異株のオミクロン株は英国内でも同日までに計11件の感染が確認され、一部では市中感染の可能性も指摘されている。

 3回目接種の対象は、2週間前に50歳以上から40歳以上へと拡大したばかりだった。医療従事者や健康リスクの高い人は、40歳未満でも3回目接種の対象となっていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加