オミクロン株の感染が確認された主な国・地域

 【ロンドン共同】日米欧の先進7カ国(G7)は29日、緊急の保健相会合をオンライン形式で開き、急速に拡大する新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」への対応で連携して取り組んでいくことを確認する共同声明を採択した。後藤茂之厚生労働相が会合後、記者団に明らかにした。議長の英政府が招集した。

 後藤氏によると12月に再度、保健相会合を開く。共同声明は世界のワクチンなどに関して「支援を続ける」とし、発展途上国への普及を加速させるとした。アフリカなどへのワクチン供給の方策を打ち出せるかどうかが焦点だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加