係留されたバルーンを見つめる参加者=佐賀市天神のどん3の森

 高次脳機能障害や知的障害などがある人たちを支援する「佐賀パイロットクラブ」は27日、佐賀市天神のどん3の森でバルーンの係留をした。親子連れら約80人が集まり、搭乗体験を楽しんだ。

 バルーンに親しみ、クラブの活動の周知にもつなげようと毎年実施している。係留はビーバーバルーンクラブなどが協力した。好天に恵まれ、バルーンが上昇すると参加者から歓声が上がっていた。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加