琵琶湖が14年ぶりの低水位となっている問題で、滋賀県は29日、水位低下による影響調査の結果を発表した。一部地域で漁具が使用しにくくなりシジミの漁場を変更したため、漁獲量が減少している。水深が浅くなることで漁船の航行障害が発生し、スクリューが破損するなどの被害も報告された。