唐津市は1日、40歳未満の若手職員が施策を企画立案する「市未来づくり研究会」を立ち上げた。若手の政策立案能力を高めていくとともに、風通しがよく、横断的な連携も可能な市役所組織を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加