新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る水際対策について、記者団の質問に答える岸田首相=29日午後、首相官邸

 首相官邸に入り、記者団の取材に応じる岸田首相=29日午前

 岸田文雄首相は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が欧州などで急拡大する状況を踏まえ、水際対策を一層強化する考えを表明した。「強い危機感を持って臨んでいる。さらなる水際(対策)の強化を検討している。しかるべきタイミングで公表したい」と官邸で記者団に述べた。外国人のビジネス関係者や留学生、技能実習生らに対する入国制限の大幅な緩和措置を当面の間、停止する方向で調整している。

 首相はこの後、国立感染症研究所の幹部らと対応を協議した。英政府は先進7カ国(G7)の保健相会合を29日に緊急招集すると発表した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加