決勝・玉島平原少年―嘉瀬ジャガーズ 6回表玉島平原、この回先頭打者の3番志田原啓太が右越え二塁打を放つ=佐賀市のさがみどりの森球場(撮影・鶴澤弘樹)

決勝・玉島平原少年―嘉瀬ジャガーズ 5回裏嘉瀬1死一、三塁、1番松鶴樹が中前に先制打を放つ=佐賀市のさがみどりの森球場

 第52回佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会(県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、NTT西日本佐賀支店協賛)最終日は27日、佐賀市のさがみどりの森球場で準決勝と決勝が行われ、玉島平原少年(唐津市)が嘉瀬ジャガーズ(佐賀市)を八回タイブレークの末、5-4で破り、初優勝を飾った。

 玉島平原少年は1-1で迎えたタイブレークの八回表に4点を追加。相手の猛追をしのいで逃げ切った。3位は呼子シールス(唐津市)と三根ボーイズ(みやき町)だった。

 

 ▽決勝

玉島平原少年  00000104 5

嘉瀬ジャガーズ 00001003 4

(八回タイブレーク)

▽二塁打 志田原(玉)

 

玉島平原攻守一丸 合同チームが底力

 玉島平原少年が八回タイブレークの接戦を制し、初優勝。ここ一番の打線の勝負強さが際立った。
 玉島平原少年は1点を追う六回表、2死二、三塁から7番脇山がしぶとく左前に運び同点。先制された直後の攻撃で、流れを呼び戻した。再三のピンチをしのいだ冷静な守備も光った。
 嘉瀬ジャガーズも堅守で互角に渡り合った。タイブレークで1点差に詰め寄った攻撃の集中力も光った。

■ハイライト
 主砲の気概をバットに込めた。0-1の六回表。この回先頭の玉島平原少年・志田原啓太は「自分が流れをつくる」と外寄りの3球目を強振し、右越え二塁打でチャンスメークした。後続の打者も発奮。2死二、三塁から7番脇山航の左前適時打で試合を振り出しに戻し、タイブレークでの勝ち越しにつなげた。

 苦しい展開だった。投手としてもチームを引っ張るエース志田原が準決勝で大会規定の投球制限(一日70球)に近い69球を投じたため先発を回避。それでも、先発の池田然音(ねお)と2番手の加茂謙造が粘り強い投球を続け、最少失点でしのぎ打線の奮起を待った。身長167センチ。球威、コントロール、長打力と投打で県内トップレベルの志田原に引っ張られ、着実に力を付けたナインが底力を発揮した。

 玉島少年と平原スピリッツの合同チームとして、1月に発足。当初は連係プレーなどに不安もあったが、基礎練習を地道に続けることで守備力が向上。「打撃と違ってスランプがない」(志田原隼人監督)という走塁にも磨きを掛け、準決勝では内野ゴロの間に二塁から一気に生還するなど、勝利へのあくなき執念を随所に発揮した。

 学童オリンピックをはじめ各大会を制し、一戦ごとに力を付けた選手たち。志田原は「このメンバーで戦えて、本当に良かった」と栄冠をかみしめた。(古川公弥)

 

嘉瀬1点差で涙 意地の一本、成果発揮

 少ない好機をものにし、意地の一本を放った。嘉瀬ジャガーズは玉島平原少年に決勝で1点差で敗れ、惜しくも準優勝。藤瀬なさ主将は「優勝できなかったけど、県で2位。いい試合ができてよかった」とさっぱりした表情を見せた。

■焦点
 0―0で迎えた五回裏、7番池田翔星(かいと)と9番草場莉愛の安打で1死一、三塁の好機をつくった。打席には1番松鶴樹。「絶対にランナーを返そう」。先発から交代したばかりの相手投手の初球を見逃さず、中前に運んで1点を先制した。貴重な先制点に、ナインの士気はぐっと高まった。
 しかし、直後の六回表、救援の松鶴は2死満塁のピンチで浮いた球を打たれ、1―1と試合を振り出しに戻された。その後、タイブレークの末に惜敗。松鶴は「優勝したかったので悔しい」とつぶやいた。
 頂点には届かなかったが、五回の1点で練習の成果を発揮したナイン。藤瀬主将は「最後まで諦めずにプレーできた。新チームは少ない人数でも力を合わせて頑張ってほしい」。松鶴は「みんなで打線を回し、守備のむらがないチームになってほしい」と後輩たちにエールを送った。(草野杏実)
 

【成績】

玉島平原少年5―4嘉瀬ジャガーズ

 玉島平原 打安点

①8池 田 420

④ 筒 井 300

⑥21志田原 430

⑤ 川 崎 421

②12加茂謙 322

⑦ 浦 丸 400

③ 脇 山 412

⑧6隈 本 410

⑨ 田 中 300

   計  33 115

 振球犠盗失併残

 4202118

 

  嘉 瀬打安点

⑥1松 鶴 211

⑧ 久 部 410

② 香 月 400

③ 藤 瀬 420

①6浦田琉 201

⑤ 山 口 411

⑨ 池田翔 421

⑦ 古 賀 300

④ 草 場 220

R4岩 渕 000

H 井 上 100

   計  3094

 振球犠盗失併残

 35110010

投 手回     安振球

池 田4 2/3 423

加茂謙3     512

志田原  1/3 000

……………………

浦田琉4 2/3 421

松 鶴3 1/3 721

このエントリーをはてなブックマークに追加