協定書を交わした松尾佳昭町長(中央)と郵便局長ら=有田町役場

 有田町と日本郵便は22日、包括連携協定を結んだ。町と町内の4郵便局が、地域の活性化や住民サービスの向上を目指し、幅広く協力する。

 郵便局は蔵宿、大山、有田本町、有田の四つ。安全・安心な暮らしや、子どもの育成、女性の活躍など5分野で連携する。道路損傷の情報提供など従来協力してきたものも含まれるが、新たに空き家に関する情報提供でも連携。郵便局の高齢者見守りサービスをふるさと納税の返礼品に活用することについても協議する。

 町役場で、松尾佳昭町長と蔵宿郵便局の立部智成局長が協定書に調印した。大山郵便局の岩﨑大輔局長は「これまで以上に連携体制を密にして協力を進めたい」、松尾町長は「地域社会の維持がより一層図られることを期待する」とあいさつした。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加