佐藤正久氏

 自民党の佐藤正久外交部会長は27日のBSテレ東番組で、林芳正外相が中国の王毅国務委員兼外相から訪中の招待があったとテレビ番組で明らかにしたことに苦言を呈した。「前のめり感が出ている。外交部会に所属する多くの議員の意見とも違う」と述べた。

 国際社会で北京冬季五輪の「外交ボイコット」が取り沙汰されているとして「このタイミングで外相が訪中すれば、国際社会に間違ったメッセージを送ることになる」と強調した。

 日本が北京冬季五輪に派遣するのは、日本オリンピック委員会会長やスポーツ庁長官が望ましいと指摘。「米国などにも閣僚や政治家を送っていないと言える」と語った。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加