九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉の整備方式を巡り、JR九州の青柳俊彦社長は26日、福岡市での定例会見で、フル規格で整備する場合は「鉄道運営をする立場から考えると、佐賀駅を通るのがベスト」との考えを改めて示した。

 国土交通省が整備方式に関して22日に実施した佐賀県との「幅広い協議」の中で、フル規格での整備を仮定した場合の3ルートの検証結果を報告していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加