新型コロナウイルス禍で打撃を受けた佐賀県内の農漁業に重油の高騰が追い打ちをかけている。11月に入ってビニールハウスの温度を保つ暖房に使う営農用A重油の価格は1リットル当たり110円に上昇。生産現場からは「死活問題」「経費がかさんで苦しい」と悲鳴が上がっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加