佐賀・長崎両県に導入予定のJR九州の観光列車「ふたつ星4047」の外観イメージ(C) Don Design Associates

「ふたつ星4047」のビュッフェ・ラウンジ車のイメージ(C) Don Design Associates

 JR九州は26日、2022年秋に佐賀、長崎へ導入することを発表していた新しい観光列車「ふたつ星4047」の外観デザインなどを公表した。車体は有明海と大村湾の水面(みなも)に映えることを意識したというパールメタリックを基調とし、金色のロゴとラインを随所にあしらう仕様となっている。

 デザインは、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた水戸岡鋭治氏が担当した。長崎線と大村線を通って二つの海を巡るというコンセプトに合わせ、真珠を思わせるきらめく白色が車体のベースとなる。ロゴマークは佐賀、長崎両県を九州の観光における「星」と位置付け、二つの星が並び立つ様子をデザイン化したという。

 列車は3両編成で定員は全席指定で約80人。1、3両目に客席を設け、2両目は共用スペースや販売カウンターを配置した「ビュッフェ・ラウンジ車」とし、沿線地域の食や飲み物、スイーツを提供する。

 車両は鹿児島県を走る「はやとの風」と、熊本県などを走る「いさぶろう・しんぺい」の車両を再利用する。いずれもコロナ禍で利用客が減っており、「はやとの風」は21年度末で運転を終えることも同日発表した。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加