中村祐二郞教育長(左)に受賞を報告した村岡智彦さん(中央)と熊谷智佳子校長=佐賀市役所大財別館

 佐賀市の嘉瀬小ボランティアネットワーク(KSVN)が、教育分野で優れた取り組みをしている団体などを表彰する博報堂教育財団(東京都)の「第52回博報賞」の功労賞を受賞した。子どもたちのさまざまな交流の機会をつくるなど20年にわたって学校と地域の懸け橋となる活動を続けてきたことが評価された。

 KSVNは住民や保護者、地域の団体・企業、教員が協力し、学校教育を支える組織として2002年に設立した。地域の幅広い教育力を生かした交流の場の「どようひろば」などに取り組んでいる。博報賞は全国の16の学校や団体などが受賞し、佐賀県内からは9年ぶりとなった。

 KSVN顧問の村岡智彦さんと同校の熊谷智佳子校長が22日、市役所を訪れて中村祐二郎市教育長に受賞を報告した。村岡さんは「地域の人たちが手弁当でやってきて、20年の節目に大きな賞を頂いた。これまで関わってきた皆さんに感謝の気持ちでいっぱい」と話した。中村教育長は「子どもたちのためにという気持ちがあってこその活動で、他の地域にも広がっていくことを願う」とたたえた。(福地真紀子)

このエントリーをはてなブックマークに追加