ニューヨーク・ウォール街にある標識(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】祝日明け26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は急落し、祝日前の24日と比べて905・04ドル安の3万4899・34ドルで取引を終えた。下げ幅は今年最大で、約1年1カ月ぶりの大きさとなり、一時は1050ドルを超えた。南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認され、景気回復が遅れるとの警戒感から売り注文が殺到した。

 大台の3万5000ドルを割り込んだのは約1カ月半ぶり。

 ニューヨーク株式市場は感謝祭翌日のため、取引時間が午後1時までに短縮された。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加