講演会で、お金との賢い付き合い方などを説明するいちのせかつみさん=佐賀市のアバンセ

 金融や経済について分かりやすく紹介する「くらしとおかね講演会」が21日、佐賀市のアバンセで開かれた。ファイナンシャルプランナーで生活経済ジャーナリストのいちのせかつみさんが、お金との賢い付き合い方などを笑いを交えて解説した。

 いちのせさんは、長寿社会の中でお金を上手に使う重要性が高まっていることを指摘。病気などの「備えるお金」や、葬儀代、相続税といった「残すお金」を計算して残りを「使うお金」として分ける方法を説明し、「将来を見据えながら、自分なりの分け方や使い方を考えて」と助言した。

 クイズ形式でクーリングオフが適用されない事例なども紹介し、「知っているようで知らないのが怖い。悩んだ時は周囲や消費生活センターに相談を」と呼び掛けた。

 講演会は佐賀県金融広報委員会と県が主催した。(北島郁男)

このエントリーをはてなブックマークに追加