目の前の証言席に向かう足取りさえおぼつかない。万引を繰り返した70代の女性被告。佐賀地裁の公判では、持病を抱え、体も思い通りに動かない老いの窮状を弱り切った声で語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加