男子SPで首位の友野一希=ソチ(AP=共同)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、ロシア杯は26日、ソチで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で友野一希(セントラルスポーツ)が自己ベストの95・81点をマークして首位に立った。

 モリス・クビテラシビリ(ジョージア)が95・37点で2位。田中刑事(国際学園)は76・69点で10位。

 当初エントリーした羽生結弦(ANA)は右足首故障からの回復が長引き、第4戦のNHK杯に続いて欠場した。(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加