「ウマ娘 プリティーダービー」のキャラに扮し、本物のコースとゲートを使って撮影する参加者たち=鳥栖市の佐賀競馬

「ウマ娘 プリティーダービー」のキャラに扮し、本物のコースとゲートを使って撮影する参加者たち=鳥栖市の佐賀競馬

人気アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」のキャラクターに扮した参加者たち=鳥栖市の佐賀競馬

人気アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」のキャラクターに扮した参加者たち=鳥栖市の佐賀競馬

 鳥栖市の佐賀競馬で25日、コスプレ愛好家による撮影会が開かれた。人気アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」のキャラクターに扮(ふん)した“16頭”がエントリーし、全国の競馬場でも初めてという本物のパドックやコースを使ってアニメの世界観を再現した。

 コスプレ歴約30年の藤吉玲子さん(48)=福岡県久留米市=が企画した。以前は佐賀競馬の許可を得て観客エリアで撮影していたが、「本物のエリアで撮影したい」という要望を受け、佐賀競馬が協力した。

 公募後、抽選で選ばれた佐賀、福岡、熊本県などの男女16人が参加した。手作りしたり、購入したりして衣装をそろえたオグリキャップ、トウカイテイオー、エアグルーヴらが集まった。

 パドックでの撮影に続き、参加者は馬たちが練習を終えたばかりの発走のゲートへ移動、ゴール前でも撮影し、藤吉さんも「鳥肌もの。夢のようです」と話していた。写真や動画は藤吉さんらがSNS(会員制交流サイト)で発信し、佐賀競馬のPRにも一役買う。(樋渡光憲)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加