締結式で協定書に署名する代表者=佐賀市白山のエスプラッツ

 佐賀青年会議所(古川健太郎理事長)は、佐賀市と神埼市の三つの商工会青年部と災害支援連携協定を結んだ。災害発生時に積極的に情報共有しながら、復興に貢献する。

 佐賀市のエスプラッツで19日に締結式が開かれ、佐賀青年会議所と佐賀市北、佐賀市南、神埼市の各商工会青年部の代表者が協定書に署名した。ボランティア団体で構成する佐賀災害支援プラットフォームや佐賀市、同市社会福祉協議会の関係者らも出席した。

 佐賀青年会議所の国際・災害対策委員会で委員長を務める舩津和弥さん(33)は「青年会議所は建築や飲食など多業種の経営者が集まっている。地域に精通している商工会青年部の人たちとできることを探り、協力していきたい」と話した。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加