鳥栖署は25日、鳥栖市柚比町の神山ため池付近で、野生とみられるサルが近くを歩いていた男性2人に飛びかかり、いずれも軽いけがを負ったと発表した。

 同署によると、同日午前9時15分ごろ、現場にサルが2頭現れ、工事現場に歩いて向かっていた40代男性の背中に飛びかかり、男性は擦り傷を負った。午後5時15分ごろには1頭が姿を見せ、ため池近くにある会社の敷地内を歩いていた作業員の50代男性に飛びつき、男性は腰に軽いけがを負った。

 午前中には近くの神辺町でもサルが目撃されており、同署は「目を合わせず、不用意に近づかないで」と注意を呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加