坂井英隆佐賀市長(右)に医療的ケアが必要な児童の受け入れ体制づくりなどを要望した中臣健会長(左奥)、宮崎祐治会長=市役所

 佐賀市私立保育園会(中臣健会長)と市私立幼稚園・認定こども園連合会(宮崎祐治会長)が24日、医療的ケアが必要な児童の受け入れ体制づくりなど4項目を市に要望した。

 医療的ケアが必要な児童の受け入れを判断するために、市との情報共有、連携強化などを求めている。宮崎会長は「各園の環境、人的な面で慎重にならざるを得ないこともある」として理解を求めた。

 保育士不足対策として市独自の家賃補助制度の創設も求めており、坂井英隆市長は「前向きに検討するよう担当課に指示した。今回、さまざまな課題を改めて認識できた」と答えた。2団体は市議会の堤正之議長にも要望書を提出した。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加